コールセンター ビジネスホン

自作PC (Core i7 860 2.80GHz)~TVキャプチャーカード of ErrorOccurred

Life with Digital Gadgets

HOME > Gadgets > 自作PC (Corei7) > 自作PC (Core i7 860 2.80GHz)~TVキャプチャーカード

自作PC(Core i7 860 2.80GHz)~TVキャプチャーカード(PIX-DT096-PEO)

2010-07-10

安定重視でキャプチャーカードを交換

I-O DATA製『GV-MVP/VS』

PCでテレビを観るというシチュエーションはあまりないのですが、それでもPCで作業をしながら番組をチェックしたりという、あれば便利という程度ではありながら、これまで自作したPCでは、毎回TVキャプチャーカードを増設してきました。

我が家のあるマンションでは、昨年2009年10月に漸くCATVが導入されて以降、ケーブルテレビ会社を介して各部屋のTVアンテナ端子に、地上デジタル放送信号が配信されるようになりました。
それまでは、マンションには共有の地デジ対応アンテナがなかったため、地デジを見たい家ではベランダに地デジアンテナを設置したりしていました(~厳密にはルール違反なのですが・・)

今年1月末に、新しい自作PCを組み上げた後、少しして、Widnows 7の64bitに対応している、I-O DATA製の地上・BS・CSの3波対応TVキャプチャーカード『GV-MVP/VS』を購入して増設しました。

何故か不安定・・・

そもそも複雑な機能を求めるわけではないので、録画や編集機能については他社製との比較を論じることは出来ないのですが、しかーし、そんなことより何よりも、基本的に動作が不安定なのです。
一言で言うと、起動したり起動しなかったり・・・。
TVアプリケーションの「mAgicTV Digital」を起動しようとすると、大体半分の確率で動動せず「TV視聴出来ません。空きデバイスがありません。」と表示されてしまうのです。この現象は、PCを起動して安定した後に、最初に同アプリを起動しようとしても同じなので、何が原因なのかは未だに判りません。 もちろんサポートソフトはI-O DATAのサイトから最新版(Verion 3.25)をダウンロードして導入済ですし、2度ばかりドライバーとアプリの再インストールも行いましたが、解決しませんでした。

IMG_0820.jpg

I-O DATA製3波対応TVキャプチャーカード『GV-MVP/VS』


IMG_0832.jpg

『GV-MVP/VS』本体。 B-CASカードスロットはキャプチャーカード本体に直付けされており、PCケース内部に同カードを収容する。


WS000003s.jpg

起動したり、しなかったり・・・。 大体50%程度の頻度で「TV視聴できません。空きデバイスがありません」と表示される。


ピクセラ製ダブル録画TVキャプチャーカード『PIX-DT096-PEO』

もうすぐ型落ち?

というわけで、今回、安定性では定評のあるピクセラ製のカード『PIX-DT096-PEO』の購入に踏み切り、I-O DATA製と交換することにしました。
しかしながら、PCパーツに詳しい方は既にご存じとか思いますが、ピクセラはダブルデジタル3波対応の後継機種『PIX-DT230-PEO』を2010年7月末より発売すると、6月11日付で発表しているのです。
プレスリリースによると、新モデルは業界初となるAVCREC対応で、地上/BS/110度CSデジタル放送をAVC(H.264)フォーマットで、かつダブル録画することが可能。 またチャンネルスキャンスピード、チャンネル切換スピードが大幅にアップ、電子番組表(EPG)などの使い勝手向上。 魅了的ですね~。 
普通なら、もう直ぐ型落ちになるようなモデルは買い控えて、新機種が発売になってから、そしてその評価がある程度出てきた後に買いますよね~。
確かにそれが正しい判断だとは思いましたが、今回の買い替えの経緯から、まずは機能よりも安定性重視! ということで、市場に投入されてから時間が経っているので、ソフトも成熟しているだろうし、少なくても後悔はしないはず、と自分で自分を納得させ(?)『PIX-DT096-PEO』を導入することに決意しました。

IMG_0772.jpg

ピクセラ製TVキャプチャーカード『PIX-DT096-PEO』のパッケージ


IMG_0778.jpg

パッケージの中は予想以上に空間だらけ! 本体カードはかなり小さいです。


IMG_0780.jpg

同梱されているのはマニュアル、B-CASカード、サポートCD。


IMG_0783.jpg

本体カード、ロープロファイル用ブラケット、SMB-F型変換ケーブルx2、リモコン、リモコンレシーバー、電池。


IMG_0786.jpg

アンテナ端子は地上デジタル用とBS/110度CSデジタル用。ブラケットの下に見えるのが、B-CASカード用スロット。


IMG_0788.jpg

本体カードはPCI Express x1仕様。


PCI Express x 1が3本あるのに・・・

ビデオカードとの位置関係

IMG_0800.jpg上がI-O DATA「GV-MVP/VS」、下がピクセラ「PIX-DT096-PEO」
『PIX-DT096-PEO』のパッケージの中身は、呆気ないほど想定以上に空間だらけ! 小さな本体ボードとアンテナ変換ケーブル、リモコンにスタートアップガイド+サポートCDという構成。 パッケージの容量は半分以下にしても確実に十分そうです。

手順としては、当然ながら、まずはI-O DATAのアプリソフトをアンインストールしてから一度再起動した後に、シャットダウン、そしてPCケース『Fortress SST-FT02』のメッシュの天板とサイドパネルを開けて、キャプチャーカードを取外しました。ここまでは、前段階の作業です。

次に、一応は同梱のスタートアップガイドに目を通した上で、ピクセラの本体カードをマザーボード(Gigabyte製GA-P55A-UD4)のPCI Expressインターフェースに取付けます。
マザーボード「GA-P55A-UD4」はPCI Express x 16スロット2本と、PCI Express x 1スロットを3本装備していますが、2スロット占有のビデオカード(HD5770)をCPUに近い側のx16スロットに挿しているため、3本あるx1スロットが隠れてしまい一つも使えないという、あれまぁ~という状況。 
ビデオカードをx1スロットと干渉しない側のx16スロットに、移動させれば問題無さそうですが、PCケース『Fortress SST-FT02』の底面に3基ある吸気ファンの真上に熱源であるビデオカードを配置したかったためにこのスロットを使用してあるのです。

そこで、ピクセラのキャプチャーカードは、贅沢(?)ながらx16スロットに取付けることにしました。(実はこれまで使ってきたI-O DATA製カードも同じx16を使用してました)

B-CASカードの出っ張りが気になりましたが・・・

キャプチャーカード自体は、I-O DATA製比べて小さいのですが、『GV-MVP/VS』ではB-CASカードをPC本体に内蔵する構造だったのに対して、ピクセラ製はPC外側から挿し込む形状のため、PC外部にB-CASカードが飛び出した状態になります。
ご存じにとおり、PCケース『Fortress SST-FT02』はマザーボードを90度回転させて取り付けているため、増設スロットが上向き位置にあり、その上をメッシュの天板がカバーしています。 実はカードの取付け前に、ブラケットから約45mm出っ張ったB-CASカードが天板と干渉しないか、実は不安がありました。 でも結果的には全く問題なしでした。


IMG_0794.jpg

PCI Express x 16に取り付けてあったI-O DATA製「GV-MVP/VS」を取り外す。


IMG_0802.jpg

2スロット占有のビデオカートをCPU寄りのPCI Express x 16に取り付けてあるため、PCI Express x 1が3本とも使えない・・。


IMG_0804.jpg

ピクセラ製「PIX-DT096-PEO」はPCI Express x 16スロットに挿し込みました。


IMG_0807.jpg

TVキャプチャーカードの交換が終わり、SilverStone製PCケース「Fortress SST-FT02」を上から見たところ。


IMG_0809.jpg

B-CASカードを差し込むとブラケットから飛び出した状態になりますが、PCケースの天板とは干渉しません。


IMG_0814.jpg

TVキャプチャーカードの二つのアンテナ端子、地上デジタル用とBS/110度CSデジタル用に同梱の変換ケーブルを接続


TVキャプチャーカード増設完了

ハードウエアの増設後、付属のサポートCDからドライバとソフトのインストールを無事に終了。初回の起動時に設定画面が表示され、居住地域設定とチャンネルスキャン等々が行われて設定も簡単に終了、無事にTV画面が現れました。

一応動作に問題がないことを確認した上で、ピクセラのサポートページから最新版(2010年5月31日付)の64bit版ドライバ[Ver.1.27.51.0]とアプリケーション「Station TV」[Ver.8.9.3409]をダウンロードして更新しました。参考までに、初期インストールした時点でのアプリケーションは[Ver.8.9.3311]となっていました。
今のところTV視聴だけしか試していませんが、極めて安定しています。
因みに初回起動でTV画面表示までに掛る時間は、I-O DATA『GV-MVP/VS』が45秒だったのに対して、ピクセラ製『PIX-DT096-PEO』は35秒と約10秒違います。
またアプリケーションを完全終了せず、待機モードにしておいた場合は、僅か7秒足らずでTV画面が表示されます。

IMG_0816.jpg

キャプチャーカードのアンテナ端子に接続したSMB-F型変換ケーブルに、F型アンテナケーブルを接続。


IMG_0818.jpg

2.4GHz帯無線リモコンとリモコンレシーバー。 レシーバーはUSBポートに接続。


WS000004.jpg

サポートCDからアプリケーションをインストール。同梱されているCDのソフトはVer8.9。


2010年7月10日13:05PM by risky_k